アンケートで利用者数ダントツのPayPay、半数がキャンペーン後も利用すると回答

ナイル株式会社が運営するスマートフォンユーザー向けアプリ紹介サービス「Appliv(アプリヴ)」にて、2019年4月23日から4月30日の期間中、10代から60代以上の男女を対象に、QR(バーコード)決済サービス(以下、コード決済)で実施されているキャンペーンの利用に関するアンケート調査を実施

長期に渡り第2弾100億円キャンペーンを実施、広範囲の店舗を獲得してきたPayPayがやはり圧倒的な利用率という結果になりました。

また今後のキャッシュレスとして重要なキャンペーン期間以外の利用ですが、継続して利用するという回答が49.3%となりました。

PayPay自体は通常時でも3%還元と1000円まで還元くじもあり、還元率がクレジットカードやFeliCa系電子マネーとは比較にならないほどに高く、また、現金しか使えない店舗でも利用出来るという利点が存在しているのが大きいと思われます。

決算事業者は還元費用負担により赤字を出している企業が多く、体力勝負となっていますが、
キャンペーンは政府の還元がある10月頃までは続くはずですが、今後、消費税増税の影響や物価上昇が加速していきますので各社のキャンペーン期間中に早めの備蓄など心がけたほうが良さそうです。

スマホアプリ発見サービス「Appliv」について
2012年にサービスを開始した、月間900万UUを誇る国内最大級のアプリ紹介メディア。
“アプリインストールをもっと身近なものにする”というサービス理念のもと、スマートフォンおよびアプリに関連する情報を幅広く扱っております。
【サイトURL】https://app-liv.jp